ALC壁に金属サイディングを張れるFS工法仕様-エコ改修を勧める新聞記事


下記は2012年2月1日発行の産経新聞記事を引用したものです。



【正論】三菱総合研究所理事長・小宮山宏 エコ改修勧めるこれだけの理由


 このところの厳しい寒さで、今年の冬も昨年の夏に続いて、電力不足が懸念されている。なぜ、夏と冬の電力が不足がちになるのだろう。理由は簡単である。冷房と暖房に電気を使うからにほかならない。しかし、理論的には冷暖房のエネルギーはほとんどゼロにできるのである。

≪戸外まで暖める効率の悪さ≫


 部屋の中が寒いから暖房をするのだ、と考えている人が世の中には案外、多い。だが、実際には、暖房した部屋はすでに暖かい。その暖かい室内にさらに熱を入れているのである。

 単にそれだけだとすれば、暖房を切ってしまっても良いはずだろう。しかし、現実には、暖房を切るとすぐに寒くなる。部屋の温度が高く、戸外は低いから、部屋から戸外へと自然の摂理に従って、熱が逃げるからである。暖房は、この逃げる熱を補うために行われている。

 つまり、暖房は部屋を暖めているように見えて、実は期せずして、その熱は戸外を暖めているのだ。暖房に使っている電気も灯油もガスも、むだに戸外を暖めていると言っても誤りではない。そうと分かれば、寒いのを我慢するのではなく、部屋を暖かく保ったうえで、暖房のエネルギーを減らそうとするのが理というものだろう。

 暖房エネルギーをゼロにするには、理屈では住宅やビルを保温が効く魔法瓶のようにすればよい。完全な魔法瓶状態に変えるのは難しいが、伝統的な日本家屋の場合に、断熱効果を3倍くらい良くするのは、それほど難しいことではない。

≪暖房エネルギーを3分の1に≫


 そういう造りに変えれば、戸外に逃げる熱を極力抑えられ、その結果、暖房エネルギーは3分の1ですむことになる。最も効果的なのは、二重窓やエコガラスなどを使って、家の開口部の断熱を向上させることである。住宅では、開口部を通じて逃げる熱が一番多いからだ。

 最近、建てられている住宅の半分ほどは、断熱の良い構造になっている。問題は、断熱効果が劣る古い住宅に住んでおられる方々である。改修は面倒くさいし、おカネもかかる。

 しかし、断熱仕様の住宅への改修には多くのメリットがある。家庭でのエネルギーの消費量が減るのはもちろんだが、そればかりではない。

 凍えるように寒かったお風呂の脱衣場やトイレが、格段に暖かくなる。お年寄りが入浴時に脳卒中を起こして救急車で搬送される件数は、圧倒的に冬季に集中している。そうした事故の防止につながるのである。

 また、家屋内にまで響いてくる戸外の騒音も顕著に減る。マンションは大きな道路に面して建てられているものが多く、車両の走行に伴う凄まじい騒音に悩まされている住人も少なくない。一枚ガラスの窓から密閉性の高い二重窓に変えると、室内は信じられないほど静かになる。

 さらに、極めて重要なことが健康維持増進研究委員会における伊香賀俊治・慶応大教授らの研究の結果、明らかになった。断熱効果を上げると、健康状態まで著しく改善されるというのである。

≪断熱住宅で健康も劇的に改善≫


 断熱の悪い住宅から良い住宅に引っ越した1万人以上の人を対象に調べたところ、調査した9項目すべてに関して有病率が減少している。といっても、ちょっとやそっとの減少率ではない。心疾患の81%を筆頭に、気管支喘息(ぜんそく)70%、アトピー性皮膚炎59%、アレルギー性鼻炎27%といった具合で、劇的と形容する以外にないほどの改善ぶりである。

 実は、断熱住宅が健康に与える良い影響は、個人的にも実感していた。断熱住宅に移り住んだ直後から、筆者自身の花粉症が改善されたのである。

 それ以前の一枚ガラスの家では窓ガラスへの結露によってカビが生え、そのカビの胞子などによって室内の空気の質が悪化していたのに対し、新しい断熱住宅の二重窓は結露しないから、カビも生えなくなったのではないのか。そう推測していたところ、筆者の実感が、この研究で統計的に裏付けられたのである。

 つまり、家を断熱改修することによって、電力危機の克服に寄与し、生活の質を向上させ、病気も減らすことができる。断熱改修はその時点では少々、費用がかかっても、暖房費が減少して、医療費も抑えられるから、長い目で見ると、確実に家計の支出の節約につながるのである。

 エコ改修によって、生活を快適にでき、初期投資も回収できる。リフォーム産業は盛んになるし、社会保障の公的負担も減らせる。さらにいえば、地球温暖化や資源問題の解決を通じて人類にも寄与するのである。電力不足の対策として、寒くても我慢するというのも有効だが、来年我慢をやめてしまったら効果は失(う)せる。しかし、エコ改修の効果は何十年も続くのである。今すぐ始めよう。(こみやま ひろし)


[FS仕様で期待できる効果] 前へ ← 
 

 上記記事の要旨をまとめてみました

 → 次へ [エコ改修を勧める新聞記事要旨]